主婦が初めて副業を行う時に気を付けたい事を3つ紹介します

“は主婦が副業を始める場合は本業の両立の事などを考慮したり、
家事や育児などの都合を考慮しながら副業を遂行する事が大切です。ある程度稼いだ事を感じた場合、確定申告の事も視野に入れます。

副業を展開する時に、特に注意する事項を紹介します。

1.稼いだら確定申告を必ず行う

税金に関する規則には、本業を行っている人が副業で年間で20万円を超える所得を超えたら副業を行った年に確定申告を行う事が義務付けられています。申告は2月の中旬から3月の中旬に税務署で行うが、確定申告の対象となる所得は基本的に前年に得た所得を対象として申告する事がポイントです。

基本的に前年に20万円の収入を超えても、
所得が20万円を下回れば確定申告の対象にならないです。

収入が多くても経費が掛かりすぎて結果的に所得が
20万円に満たなかったら確定申告を行わないで済むが、
経費として認められない事を考慮すると収入がある程度確保した時点で、2月の中旬から3月の中旬に税務署で確定申告を行う事が大切です。

最近はアフィリエイトなどのネットで行った副業による収入の監視が強化されていて、数百万円以上の報酬を得ている人の中で確定申告を行っていない人を中心に税務調査を行う傾向です。申告の時効は最大で7年なので、申告を行わないで税金を納めていないと判断した時点で追徴課税を言い渡されます。

2.働いている会社で副業が出来るかどうかを確認する

主婦が働いている会社では副業を禁止している所も多くて、
副業を行って会社の規約に違反した為に離職した会社員も多いです。

最近は副業に関して緩和している会社が多いが、本業に従事する時に副業に関する規則を確認しておく事がポイントです。

ネットでの仕事を本業が終了して自宅で行ってもバレない事が原則ですが、住民税の処理などの時に会社にバレる事などを考えて、収入を得る為に自宅で仕事を行いたい時に兼業が許可している会社に入社する事が無難です。

自宅でのネットでの仕事を許可していても、本業の業務に差し支えない範囲で副業を行う事を心掛けて、本業でも力が発揮できるように自己管理に徹底しながらライティングなどの業務を行う事がポイントです。

3.自宅で自分の適性のある副業を慎重に選ぶ

主婦が副業に専念する場合、自分の適性に合った仕事を慎重に選んで、肉体的な疲れやストレスを感じないスケジュールを組む事が大切です。

文章を書く作業が向いていて、ネットなどの媒体からの情報を収集する事が得意な人は、ウェブライターとしてライティングの作業が行えるサイトを探します。基本的にはランサーズなどの大手のサイトが仕事を提供している傾向ですが、単価が大きくなるほどライティングの難易度は上がる事が特徴です。

デザイン関連の本業に勤めていたり、イラストを描く事が趣味である場合は広告で使用しているバナーなどのデザインを手掛ける仕事に就いたり、スタンプの作成などの副業を選ぶ事がポイントです。

最近注目されているLINEのスタンプを作成する業務は
独創性のあるイラストを掛ける主婦に向いていて、様々なイラストが描かれているスタンプが売れている傾向です。

最近はタイピングが得意な人を対象として、テープ起こしの仕事が人気です。テープ起こしはタイピングの速さが求められますが、
流れている音声を聞いて正しく文字に変換できる正確性がある事も重要です。ネットなどで仕事内容を把握して、最も適している仕事を選ぶ事が大切です。

まとめ

主婦副業を行う際、稼いだ所得に対して正しく確定申告を行ったり、自分の適している副業を見つける事が大切です。

本業を行う事を考えている主婦は、
兼業の許可の状況を会社規則などで確認します。基本的には兼業を許可された状態を確かめてから、主婦副業を行う事が望ましいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ