副業を行うなら知っておきたい!主婦向けの節税対策4選!!

副業を行うなら知っておきたい!主婦向けの節税対策4選!!

主婦がネット副業で得た収入は基本的に雑所得に該当しますが、事業者から雇用された場合に得た所得は、給与所得になる事が原則です。
雇用契約を交わさないで所得を得た場合は、確定申告の際に雑所得として計上する事が心掛けます。

主婦が副業を行う際に知っておくべき節税対策を紹介します。

1.主婦のネット副業は雑所得になりやすい事が特徴です

本業を行っている主婦の中で、副業だけで1年間で100万円を越える副収入を得ている人は一握りです。
大抵の主婦は単価の安い案件を行っていて数時間しか稼動できない人が多いので、副収入は年に100万円を超えない主婦が殆どです。

多くの主婦はお小遣いの範囲内で稼ぐという意識を持っているので、確定申告の際は数十万程度しか稼げなかった場合に雑所得として申告する事が原則です。
但し、ビジネスとしてアフィリエイトなどを長期的に続けて、安定的に稼いでいる事を認識している場合は事業所得に該当する事もあります。

稼いでいる額と経費の状況を把握して、計上の仕方を正しく行う事が基本的な節税対策のポイントです。

2.アフィリエイトなどで稼いだ時の節税の対処法

アフィリエイトなどのネット副業で、20万円から100万円程度収入を得た場合、必要経費を除いた額を雑所得として計上する事が望ましいです。
一方で1年間に100万円以上の収入が得られているならば事業所得の可能性が高いので、経費として計上できる費用の種類が多い事がメリットです。

2ヶ所以上で収入を得た時に収入が多かったとしても、損失を出した時に掛かった経費を証明する為の領収証などを保管して、正しく帳簿を付ける事が基本的な節税のポイントです。

税務署で申告する場合にアフィリエイトなどで事業所得として見なされる条件として、長い間にわたって安定した収入を得ていて、実体があると認められる必要があります。

3.副業に掛かった経費を正しく計上しておく

アフィリエイトなどで主婦が収入を得た時に、確定申告を行う為の経費を正しく把握しておく事が大切です。

稼いだ額によっては事業所得になる可能性が高いので、サーバーなどを借りながらブログなどの製作を行っていても事業として見なされる場合があります。
儲けを多めに出さなくても、事業として認められる副業は始める前に開業届を出す必要があります。

確定申告を行う為に所得が大きい場合、経費を正しく計上して青色申告で申し込む事も可能です。
得た所得から最大で65万円まで控除する事が出来て、稼いでいて節税を考慮するならば青色で確定申告を行う事がポイントです。

4.税金の納付を軽減する為に確定申告は必ず行う

税金の納付は国民の義務として決められているので、主婦がネット副業で稼いでいるならば必ず税務署で確定申告を行う事を心掛けます。
稼いでいると知っていて申告をしなかったり、納税をしない場合は脱税になったり、納めるべき税金を上乗せして税金の納付を求められます。

正しく経費を計上して、所得の額をきちんと出してから毎年正しく確定申告を行えば余分なお金を納付しないで済みます。
無申告で追徴課税などになった場合、節税の対策を怠っています。

本業をもっている主婦の場合、20万円を超える副収入を得ている場合は面倒であっても確定申告を行う事が節税の基本的なポイントです。
収入の額によっては、本業で払い込んだ所得税が還付される事も多いので、確定申告を行う事で納めた税金が戻ってくる事がメリットです。

まとめ

主婦がネット副業などで副収入を得た場合、1年に20万円の所得を超えているならば確定申告を行います。
節税を考慮するならば、稼いでいる額に応じて雑所得か事業所得の判別を行う事が大切です。

多めに所得を得ているならば青色申告を行ったり、経費を正しく計上しておく事で節税対策になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*