主婦でも高単価の仕事に取り組める!高単価の仕事の種類4選

ネットでの副業は2008年から急速に広まっていったが、入力などの単純的な作業は時給に換算すると300円にも満たない場合が多いです。

一方で最近はスキルを身に付ければ誰でも出来る仕事の種類が増えていて、スキルが高いほど高単価の仕事に就ける傾向です。

主婦でもスキルを身に付ければ高単価の副業に就ける仕事を紹介します。

1.プログラムなどの技術系の仕事は基本的に高単価です

プログラムやエンジニアの職は従来は男性向けの職でしたが、
最近はIT会社などでエンジニアとして活躍する女性が増えています。

主婦がエンジニアとして活躍している例があって、本業などで身に付けたスキルや業務のノウハウを生かして副業に取り組んでいる人もいます。クラウドソーシングで仕事を請け負って、1つの仕事を完了させて納品物が認められた場合に数千円から1万円以上の高単価を得られる事が魅力です。

プログラムを組める知識や技術などを予め身に付けて、クライアントの要望に沿って仕事をこなす事が高単価を得る事に繋がります。仕事に必要な技術や知識を得ておく事が前提ですが、得た技術のノウハウに関してクライアントから認められるように生かす事が高単価になるポイントです。

2.主婦が得意なネイリストの副業

時給として雇用されないで、自分で製作したネイルなどの製作した物をネットで売る業務があります。製作の技術が高いほど高品質な物をネット上で販売できるので、高く販売する事によって報酬が高単価になる傾向です。

副業のネイリストなどとして活躍する為には、ネイリストなどの資格を取得してから販売などの技術を身に付ける事がポイントです。販売などの資格を取得した後に、自宅でブログやホームページを活用して開業する主婦も多いです。

ネットで販売する副業を行いながら利益をもたらす技術を身に付けて、フリーランスとして独立して成功する道もあります。

3.ホームページを作る仕事は割と高単価です

ウェブページを作る技術の能力が高い主婦は、企業などがウェブ上で公開するホームページの政策の副業に携わる事も良いです。

1つのサイトを完成させると少なくとも1万円の単価は貰える傾向で、多くのサイトの業務をこなすほど多く稼げる事が特徴です。

ホームページを作る仕事に手掛ける場合、
サイトの内容やデザインなどの充実性によっては高単価で報酬を貰う事も可能です。閲覧者に評価できるウェブページを作ったり、
魅力的なホームページである事を認識した場合に高単価が期待できます。

製作の技術を身に付けるばかりではなくて、サイトを利用するお客様を得られる営業の能力を身に付ける事もポイントです。

4.ライティングは取り組み方の工夫で高い報酬になります

ライティングは単価が低いというイメージが強いが、取り組み方や依頼する案件によって高単価になる事が多いです。ライティングで高単価を狙うならばランサーズのプロジェクトの案件を活用したり、タイピングのスピードを上げる事です。

1つの案件が100円程度の単価を設定した場合でも、5分で終了する事で1時間当たり1200円の高単価が期待できます。タスク上での案件で10分以内で終わる事を想定して、200円以上の案件をこなす事で高単価になる傾向です。

文章の書き方を覚えたり、仕事の展開の仕方に慣れれば200円を超える案件にも積極的に挑戦します。効率よくタイピングを行ったり、情報を収集しながら短時間で終わらせるノウハウを身に付ける事に努力する事がポイントです。

まとめ

主婦向けの高単価の副業は、エンジニアなどの技術系やホームページの作成などがあります。本業などでスキルを身に付けた主婦ならば、スキルを行かせる開発の業務などの仕事に打ち込むと良いです。

ライティングの仕事は、
記事作成を行う工夫を凝らす事で高単価になりやすいです。タイピングの速度を上げたり、200円を超える案件に挑戦する事が稼ぐ秘訣です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*