主婦でも高単価の仕事に就ける!最近注目されている副業3選

主婦が高単価の仕事に就く為には並々ならぬ努力が必要で、難しい資格を取得しておく必要があるというイメージが強いです。

最近は仕事さえ慣れれば長期的に見れば高単価の仕事になって、本業を行わなくても食べていける単価の仕事が増えています。自宅の中だけの作業で食べていけるだけの収入を得られる事を前提として、注目されている副業を紹介します。

1.挿絵を行うライターの副業

挿絵ライターの仕事は、
基本的には広告チラシや雑誌などに掲載されている絵を業務を行う事が特徴で、イラストを描く事が堪能な人でも業務の経験がなくても副業を行えます。

パソコンで何らかのイラストや背景などの絵を書いた経験がある人ならば、挿絵ライターとして絵を描きながら高単価の報酬を得られる事が魅力的です。
報酬は1つの納品物で少なくても数千円は貰える傾向で、難易度や品質によって報酬が上がります。

挿絵ライターの業務を行う条件として、自宅でイラスト関連のソフトを扱えたり、イラストをパソコン上で描ける事が原則です。

場合によってはDTPやデザイン関連の業務の経験が必要になるので、ウェブ上で求人に応募する場合は応募条件を確認しておく事がポイントです。仕事を請け負った場合はクライアントは納期を重視しているので、怠けないでクライアントに従って業務に取り組む事が大切です。

2.ウェブ上で記事を書くライターの仕事

ランサーズなどのサイトで、請け負うライティングは単価が低い傾向です。ライターの仕事を提供している会社の仕事を請け負いながら、ウェブ上の記事を作成する業務は高単価になる傾向です。

高品質な文章を求められますが、1文字当たり1円を超える単価を設定しているので、短時間でも少なくとも数千円を超える報酬を得る事が魅力です。

クラウドソーシングのサイトが業務を提供するライティングの作業は単価が低いが、審査基準が甘いです。一方で単価が高く設定しているウェブのライティングを請け負う場合、内容によっては修正を求められる事もあります。記事を作成する場合は正しい情報に基づいて読者に分かりやすい文章を書く事がポイントで、修正の作業を行わないように仕事を取り組む事で高い報酬を得られます。仕事を請け負った場合、クライアントと食い違いが生じる事も多いです。食い違いなどの要因で、何度も修正にならないように意識して書く事を心がけます。分からない所があったら積極的に尋ねて、高い品質の文章を作る事に力を入れる事が大切です。

3.写真を販売する副業は価格によっては高単価になります

背景や動物などの自分で撮影した写真などをサイトに掲載して、消費者が購入した場合に報酬を得る方法があります。

基本的にデジカメなどで撮影して、サイト上にアップロードを行うだけの仕事なので、主婦にでも短い時間で作業が完了しやすい事がメリットです。
写真撮影のプロでなくてもイラストや写真を掲載できて、自由に販売価格を設定できる事が特徴です。

写真の販売で高単価を得るポイントとしては、消費者に対してニーズがある写真やイラストを掲載する事が基本です。写真の内容はあまり重視されていない傾向ですが、売れる写真やイラストを掲載する工夫を凝らす事が大切です。品質を考慮しながら、消費者が見た時に親しまれるように撮り方に工夫する事が大切です。

まとめ

主婦が高単価の副業に取り組む場合、写真販売や挿絵ライターなどの仕事を選ぶ事がお勧めです。挿絵ライターに就く条件としてイラスト関連のソフトを使いこなせたり、DTPなどの経験がある程度必要になる場合があります。

一方でウェブライターや写真販売などの副業は、経験を積んでいなくても仕事の行い方次第で高収入になります。書き方や撮り方の工夫を凝らして、納品物が高単価になるように品質の向上に努力する事が大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*